MENU
9月28日 ぱらのま 2巻 発売!

東北新幹線はトクだ値と週末パスどっちがお得?

東北新幹線はトクだ値と週末パスどっちがお得?

あんな

えきねっとトクだ値と週末パスってあるけど、どっちがお得なのかな

たかく

けっこうややこしいよね

東北新幹線に安く乗る方法として、「えきねっとトクだ値」というものと「週末パス」というものを利用する方法があります。

この2つはどちらを選べばお得なのでしょうか。

トクだ値とは

トクだ値はJR東日本の新幹線などのきっぷをインターネット限定で割引価格で購入することができる商品です。

発売期日や区間に制限があります。基本的には片道乗車券と指定席特急券が1セットになっています。

「お先にトクだ値」は14日以上前に購入する必要がありますが、25%~35%引きになります。

通常のトクだ値は前日までに購入する必要があり、5~15%引きです。乗車当日の購入はできません。

参考 えきねっとトクだ値:えきねっと限定のおトクな割引きっぷえきねっと(JR東日本) 初めてでも簡単にわかる!えきねっとトクだ値の要点 初めてでも簡単にわかる!えきねっとトクだ値の要点

週末パスとは

週末パス-利用可能エリア

週末パスは関東甲信越から南東北にかけてのJR東日本線や一部の他社線に使えるフリーきっぷです。指定された土日などの2日間に渡って、普通列車が乗り放題で、特急券を買い足せば新幹線に乗ることもできます。

有効開始前日までに購入しておく必要があります。値段は2日間有効で8,730円です。

東北新幹線は東京からくりこま高原までがエリアに入っています。

エリアからはみ出す場合でも、はみ出した区間の乗車券を別に買えば利用することができます。ただし、週末パスはエリア内でしか発売していないので、盛岡などエリア外から出発する場合は使えません。

参考 週末パスおトクなきっぷ:JR東日本

トクだ値と週末パスの併用はできない

まず前提として、トクだ値と週末パスを併用することはできない、ということをよく理解する必要があります。

週末パスは乗車券部分の効力しか持っていませんので、新幹線に乗るときはその都度、特急券を買う必要があります。この特急券も安く買いたいところですが、特急券単体を割引価格で買うことはできません。

トクだ値は乗車券と特急券がセットになって発売されていて切り離すことができません。

つまり、週末パスを使う場合はえきねっとトクだ値は使えず、えきねっとトクだ値を使う場合は週末パスを使うことはできないということです。

トクだ値しか選択できない状況

週末パスはその名の通り、週末しか使うことができません。ですので、乗車する日が月曜日から金曜日の間で、祝日でもない場合はトクだ値を使うしかありません。

そのほか、週末パスは年末年始、ゴールデンウィーク、お盆の時期は土日であっても使えません。

また、週末パスはその土日に有効のものを有効開始日前日、つまり金曜日までに買っておく必要があります。土曜日に利用するのであれば前日、日曜日に利用するのであれば前々日まで、ということになります。

メモ
特急券は乗車直前まで買うこともできるので、出かける日程だけ決めて週末パス本体だけを買っておく、ということも可能です。

週末パスしか選択できない状況

トクだ値は自由席を利用することができません。乗りたい列車のトクだ値発売分が満席になってしまったらトクだ値を利用することはできませんから、週末パスを利用するしかない状況もありえます。

また、トクだ値は利用できる列車や区間が限られています。例えば、はやぶさ号で東京~仙台間を乗車する場合は設定がないため、利用できません。

どちらも選べる場合はどうするか

どちらかしか選ぶことができないのであれば悩む余地はありませんが、面倒なのはどちらも利用可能という場合です。どちらのほうがお得なのかは結構ややこしい問題です。

利用区間やトクだ値の種類によって有利不利がややこしいので、グラフを描きました。

やまびこ号利用の場合

東北新幹線 トクだ値と週末パスのねだん比較 (やまびこ号 東京から)

週末パスは単純往復利用したときにかかる運賃・料金を2で割って片道あたりに換算しています。

注意
週末パスを使って一ノ関~盛岡が目的地の場合は、くりこま高原から目的地までは定価の往復乗車券になります。

逆に一ノ関~盛岡から出発して東京に向かう場合は、週末パスが入手できませんので、この値段で旅行することはできません。

このグラフを見ると、トクだ値30、トクだ値35を使えば常に一番安くなることはわかりますが、その他は途中で交差しています。

トクだ値30、35を使えば一番お得なのはわかりますが、これは14日前までの購入が必要なので、難しい場合もあります。

郡山より東京方面しか乗らないのであれば、週末パスよりも定価のほうが安くなります。

トクだ値10、15利用の場合は、週末パスを利用したほうが安い場合と、トクだ値を利用したほうが安い場合があります。

はやぶさ号利用の場合

東北新幹線 トクだ値と週末パスのねだん比較 (はやぶさ号 東京から)

週末パスは単純往復利用したときにかかる運賃・料金を2で割って片道あたりに換算しています。定価の指定席は往復割引を考慮に入れて計算しています。

注意
週末パスを使って一ノ関~新青森が目的地の場合は、くりこま高原から目的地までは定価の往復乗車券になります。

逆に一ノ関~新青森から出発して東京に向かう場合は、週末パスが入手できませんので、この値段で旅行することはできません。

仙台の場合はトクだ値が利用できませんので、週末パス利用がお得です。古川に止まる列車であれば、東京~古川間のトクだ値25を購入して仙台~古川間の利用を放棄するという手段もあります。

古川~新青森の場合はトクだ値25を使えば一番お得ですが、これは14日前までの購入が必要なので、難しい場合もあります。

トクだ値25が売り切れている場合、ほとんどの区間で週末パスを利用するのが一番お得ということになります。週末パスは主に宮城県以南をターゲットにしたきっぷですが、北東北の旅行にも有効利用できるというのは意外な事実です。

東京からの場合は二戸以遠で600キロを超えますので、往復割引が利用できます。トクだ値と往復割引を併用することはできません。そのため、区間によってはトクだ値よりも、無割引の特急券と往復割引乗車券を組み合わせたほうがお得な場合があります。

東京~新青森間の場合でトクだ値25が売り切れている場合は、定価が一番安いということになります。

メモ
ちなみに、東京~いわて沼宮内間の往復乗車券よりも、東京~二戸間の往復乗車券のほうが安くなります。

前者はギリギリ往復割引が効かないためです。そのため、東京~いわて沼宮内間を往復する場合は、素直に買うのではなく、少しはみ出して二戸まで買ったほうが良いです。上記のグラフではそれを考慮していますので注意してください。

往復割引について以下の記事で詳しく説明しています。
往復乗車券は片道乗車券2枚とは違います 往復乗車券は片道乗車券2枚とは違います

同じような値段なら週末パスのほうがよい

東京~仙台間 やまびこ号の運賃・料金
東京~仙台間(通常期) ねだん 発売期間
指定席(定価) 10,890円 制約なし
自由席(定価) 10,370円 制約なし
指定席(トクだ値10) 9,790円 乗車前日まで
指定席(トクだ値15) 9,240円 乗車前日まで
指定席(週末パス利用) 9,315円 制約なし
自由席(週末パス利用) 8,795円 制約なし
指定席(トクだ値30) 7,610円 乗車13日前まで
指定席(トクだ値35) 7,070円 乗車13日前まで

たとえば、東京~仙台間のやまびこ号利用の場合で、トクだ値30、35が売り切れている状況の場合、一番安いのは週末パスで自由席利用です。

指定席を利用したい場合はトクだ値15が一番安いということになりますが、週末パスで指定席利用でも大した金額の差はありません。トクだ値15は9,240円、週末パス利用指定席は9,315円で、差は75円しかありません。

何が何でも一番安い手段がいいと言うならトクだ値15を利用すれば良いと思いますが、リスクに見合った価値があるのか、というのはちょっと疑問です。

というのも、トクだ値は乗り遅れた場合に特急券部分が無効になってしまいますが、週末パス利用の場合は、乗り遅れても後続の自由席に乗ることができるからです。

トクだ値の場合は乗り遅れただけで4,430円も余計に払う必要が生じてしまうわけです。それに対する保険料と考えれば75円高かったとしてもさほど問題ではないと思います。

さらに言うと、週末パスはエリア内乗り放題のきっぷですので、東京都区内~仙台駅以外の区間にはみ出して乗っても追加運賃がかかりません。

つまり、同じような値段なら週末パスのほうが自由度が高いので、週末パスを使うのをおすすめします。

東京~仙台間ではやぶさ号に乗る必要はあるか

東京~仙台間 運賃・料金
東京~仙台間(通常期) はやぶさ号 やまびこ号 発売期間
指定席(定価) 11,200円 10,890円 制約なし
自由席(定価) なし 10,370円 制約なし
指定席(トクだ値10) なし 9,790円 乗車前日まで
指定席(トクだ値15) なし 9,240円 乗車前日まで
指定席(週末パス利用) 9,625円 9,315円 制約なし
自由席(週末パス利用) なし 8,795円 制約なし
指定席(トクだ値30) なし 7,610円 乗車13日前まで
指定席(トクだ値35) なし 7,070円 乗車13日前まで

東京~仙台間を利用する場合は、やまびこ号とはやぶさ号の両方が利用できます。

乗り物はなるべく早く着くのがよいので、何も考えずに速い方のはやぶさ号を選ぶという方もいらっしゃるかもしれませんが、両者は料金が違いますのでよく考えて選びましょう。

はやぶさ号は東京~仙台間が1時間30分、やまびこ号は1時間50分~2時間程度です。

はやぶさ号の場合はトクだ値が利用できませんので、値段を考える上では最初からかなり不利です。そのうえ自由席もありません。

やまびこ号は仙台発着の便を中心に、自由席でも結構空いていることが多いので、週末パスで自由席利用が一番コスパが良いように思います。

はやぶさ号を利用する場合は週末パス利用は必須とも言えます。

まとめ

えきねっとトクだ値と週末パスはどちらも東北新幹線に安く乗れる手段で、似たような値段になりますが、利用できる条件が異なります。

14日以上前に購入するトクだ値30、35が利用できるのであれば、それが一番安い手段となります。

それが利用できないのであれば、区間によってトクだ値がお得な場合と、週末パスがお得な場合に分かれます。

週末パスで指定席に乗る場合と、トクだ値のねだんが大差ないのであれば、週末パスのほうが自由度が高いのでおすすめです。

あわせて読みたい

山形新幹線はトクだ値と週末パスどっちがお得? 山形新幹線はトクだ値と週末パスどっちがお得? 初めてでも簡単にわかる!えきねっとトクだ値の要点 初めてでも簡単にわかる!えきねっとトクだ値の要点 青春18きっぷ期間外に使えるフリーきっぷまとめ 青春18きっぷ期間外に使えるフリーきっぷまとめ