青春18きっぷ利用期間は12月10日~1月10日

日帰りがお得!東京~軽井沢を18きっぷで

日帰りがお得!東京~軽井沢を18きっぷで

あんな

東京~軽井沢間って、青春18きっぷで乗るとどんな感じなの?

たかく

途中でバスに乗る必要があるし、
日帰りで往復しないと元が取れないね

東京~軽井沢間を青春18きっぷで移動すると3時間30分かかります。近い割に一癖も二癖もあるルートなので超初心者にはおすすめしづらいです。

必ず発生する別運賃を、どこに払うのかということを考える必要があります。また、日帰りで往復しないと、青春18きっぷの代金の元を取るのが難しいです。

それでも、工夫次第で充分快適で安い旅行ができます。

まずは基本的なデータ

東京~軽井沢間-路線図

東京~軽井沢間を新幹線で旅行するときは何の問題もありませんが、青春18きっぷでは少々問題があります。

途中の横川~軽井沢間の鉄道は1997年の新幹線ができるときに廃止されてしまい、路線バスでの運行となっています。

この路線バスは、JR東日本の子会社の「JRバス関東」が運行していますが、青春18きっぷを使用することはできません。

そのため、横川~軽井沢間はバス運賃520円が別途必要になります。

鉄道利用区間は、東京~高崎間が高崎線、高崎~横川間が信越しんえつ本線です。

メモ
厳密に言うと、高崎線のうち、東京~大宮間は東北本線の線路を通ります。

行程は、ばらつきがありますので、平均値と標準偏差を示します。

具体的な時刻は各自で調べてください。

くだり(東京→軽井沢)

乗り継ぎパターンは一日あたり7本あります。
所要時間 3時間20分 ± 5分
列車間隔 1時間50分 ± 20分
Yahoo!乗換案内で
東京→軽井沢の時刻を調べる

のぼり(軽井沢→東京)

乗り継ぎパターンは一日あたり7本あります。
所要時間 3時間30分 ± 10分
列車間隔 1時間50分 ± 50分
Yahoo!乗換案内で
軽井沢→東京の時刻を調べる

注意
乗換案内で検索するときは、東京~横川間がすべてJRであることを、必ず確認してください。

1泊以上の場合はもとが取れるか微妙

1泊以上する場合は、行きと帰りで2日分の青春18きっぷが必要となります。その場合、もとが取れるかは微妙です。

東京(山手線内)~横川間の普通運賃は2,310円(ICカード・きっぷ同額)で、青春18きっぷ1回分の2,410円よりも100円安いです。この区間を単純に乗るだけなら、青春18きっぷを使わないほうが安くすみます。

ただし、東京都区内でも、中央線荻窪以西、東海道線大井町以南、西大井以南、総武線新小岩以東、京葉線潮見以東、常磐線金町、の場合は青春18きっぷを使ったほうが安いです。

横川まで2,410円以上かかる駅

あんな

微妙すぎるな!

一方、都内から軽井沢まで日帰りで往復するなら、余裕でもとが取れます。つまり、片道分の値段で往復できることになります。

東京(山手線内)~横川間の運賃比較
片道往復
青春18きっぷ2,410円 不利2,410円(日帰り)有利
4,820円(宿泊)不利
普通運賃2,310円(IC運賃)
2,310円(きっぷ運賃)
4,620円(IC運賃)
4,620円(きっぷ運賃)
学割運賃1,840円3,680円
メモ

東京~横川間は134.7キロです。

100キロを超え、200キロ以下なので、東京山手線内の特例が適用され、山手線内は全駅同額です。

参考 東京山手線内の駅を発着する場合の特例JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社

あんな

つまり
青春18きっぷ1日分 ≒ 東京~横川の片道運賃
ってことね

最終便が早いので注意

この区間特有の注意点として、最終便が出る時間が早いということがあります。

横川~軽井沢間では路線バスを利用する必要がありますが、このバスは18時台が最終便となっています。

そのため、下りの場合は東京を16時台に出発しないと、その日のうちに軽井沢までたどり着けません。

最終のバスを逃してしまった場合は、高崎~軽井沢間で新幹線に乗れば挽回できますが、2,640円かかりますので結構痛いです。

快速列車の恩恵はほぼありません

青春18きっぷでは快速列車にも乗ることができるので、長距離旅行をするならできるだけ快速列車を活用したいところです。

高崎線にも快速列車が走っているので、それを利用すれば快適に旅行できるような気がします。ですが、あまり期待はしないほうが良いです。

高崎線の快速列車は、上野東京ラインの快速「アーバン」や湘南新宿ラインの特別快速があります。これらの列車は途中で1本だけ追い抜くことが多いですが、せいぜい5分位しか早く着きません。

普通列車と全く同じ車両が使われますので、快適性にも差はありません。

ですので、乗る列車が快速列車かどうかを気にする必要は全くありません。

車両は東京近郊として標準的

JR東日本では、ロングシートの車両が多く、青春18きっぷでの旅行でも長時間ロングシートに乗ることを覚悟しなければいけません。

とはいえ、東京~横川間のうち大部分を占める高崎線では、一部車両にボックスシートが設けられていますし、グリーン車も連結されています。

どうしてもロングシートで我慢しなければならないのは、信越本線の30分程度にとどまります。

たかく

車両に関しては首都圏近郊という感じで、
旅情は感じづらいです。
東京~横川間-おもな使用車両

東京~高崎間

東京~横川間-おもな使用車両(東京~高崎間)

E231系とE233系という車両が使われています。この2つは製造時期の違いが主で、接客設備に違いはさほどありません。

10両編成の列車と15両編成の列車があります。

15両編成の列車は、途中の籠原かごはら駅で連結・切離しを行い、高崎駅を発着するのはすべて10両編成となります。そのため、切り離される11~15号車の方に乗ってしまわないように気をつけてください。

E233系3000番台ロングシート車内
E233系 ロングシート車
E233系3000番台セミクロスシート車内
E233系 セミクロスシート車

座席はほぼロングシートですが、編成中の一部車両にボックスシートがあります。また、全列車にグリーン車が連結されています。

信越本線の方は車両に恵まれていないので、座席にこだわりがある人はこの区間でグリーン車に乗ると良いです。

グリーン料金は平日1,000円、土休日800円です。

15両編成の列車の場合は10両の基本編成と5両の付属編成が連結されます。10号車の隣が11号車です。このとき、E231系とE233系の区別はなく、別々の形式が連結されることもあります。

高崎駅を発着するのは10両の基本編成のみです。途中で切り離される5両の方に乗ってしまわないように気をつけてください。

G車=グリーン車
🚻=トイレ

E231系1000番台 基本編成 編成表
←熱海・東京 高崎・前橋→
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
セミ
クロス
セミ
クロス
ロング
シート
G車 G車 ロング
シート
ロング
シート
ロング
シート
ロング
シート
ロング
シート
🚻       🚻 🚻※       🚻※

※6号車と10号車のどちらか一方にトイレがついています。

E231系1000番台 付属編成 編成表
←熱海・東京 高崎・前橋→
11 12 13 14 15
ロング
シート
ロング
シート
ロング
シート
セミ
クロス
セミ
クロス
🚻        
E233系3000番台 基本編成 編成表
←熱海・東京 高崎・前橋→
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
セミ
クロス
セミ
クロス
ロング
シート
G車 G車 ロング
シート
ロング
シート
ロング
シート
セミ
クロス
セミ
クロス
🚻       🚻 🚻※       🚻

※6号車にトイレがついていない編成もあります。

E233系3000番台 付属編成 編成表
←熱海・東京 高崎・前橋→
11 12 13 14 15
ロング
シート
ロング
シート
ロング
シート
セミ
クロス
セミ
クロス
🚻        

高崎~横川間

東京~横川間-おもな使用車両(高崎~横川間)

高崎~横川間では211系という車両が使われています。

211系は4両編成の列車と6両編成の列車があります。

211系ロングシート長野車-車内
211系 車内

座席は全車両ロングシートです。通勤電車タイプの車両なので、少々つらいところです。トイレは付いています。

とはいえ、車窓はのどかな田園地帯を走るローカル線といった感じなので楽しいです。

迂回ルートがいくつかある

東京~軽井沢間-路線図-他経路

東京~軽井沢間を旅行する場合は、信越本線の横川を経由するルートが圧倒的に便利で、それ以外のルートは実用には適しません。

そもそも軽井沢駅にはJRの在来線が通じていませんので、どこかしらで青春18きっぷの他に運賃を払う必要があります。

それでも路線図を探すと、別のルートが見つかります。

一つは、高崎~軽井沢間だけ新幹線を利用する方法、もう一つは中央本線と小海線を使って大きく迂回する方法があります。

東京~軽井沢間の経路比較
経路所要時間1日あたりの
運転回数
18きっぷ以外に
必要な運賃
高崎線・信越本線経由約3時間30分7往復バス
520円
中央本線・小海線経由約7時間 難点7.5往復しなの鉄道
500円
高崎線・
(高崎~軽井沢間)新幹線経由
約2時間30分20往復以上新幹線
2,640円 難点

帰りだけ新幹線ワープ

青春18きっぷを利用中に短区間だけ新幹線を利用することを、俗に「ワープ」と呼んだりします。

東京~軽井沢間はせいぜい3時間半くらいの所要時間ですので、通常はわざわざワープを使うほどの距離ではありません。

ただ、この区間の場合、横川~軽井沢間のバスの最終が早いという問題があります。

バスに乗る場合には18時台に最終となってしまいますが、新幹線は21時台まであります。つまり、この区間で新幹線ワープを使うと、滞在時間が3時間も伸ばせることになります。

現地での滞在時間を最大限に伸ばすには、行きはバス、帰りは新幹線に乗るのが効果的になります。

帰りだけ新幹線ワープをするときの合計費用
経路定価青春18きっぷ
利用時
(日帰り)
青春18きっぷ
利用時
(宿泊)
行き東京~横川間在来線2,310円
横川~軽井沢間バス520円520円520円
青春18きっぷ2,410円2,410円
帰り軽井沢~高崎間新幹線(自由席)4,510円2,640円2,640円
高崎~東京間在来線
青春18きっぷ2,410円
合計7,3405,5707,980円

※往復新幹線自由席利用時は10,980円

とはいえ、高崎~軽井沢間は新幹線に乗ると2,640円もします。青春18きっぷ1日分が2,410円ですから、かなりのインパクトです。この方法を使うときにはそれなりの覚悟が必要です。

もちろん、現地で宿泊する場合は青春18きっぷ2日分が必要になるので元は取れません。

それでも日帰りで往復する場合は、同じ行程を定価で乗るより25%も安く済みますし、全区間新幹線を利用する場合の半額程度で旅行できます。

小海線経由

東京~軽井沢間-路線図-小海線経由

新幹線もバスも使わないで行く方法で、一番合理的なのは、小海線ルートです。

小諸こもろ~軽井沢間はJRではなく、第三セクターの、しなの鉄道を利用することになり、500円が必要です。

第三セクター鉄道って何?鉄道事業者の分類のはなし

ただし、横川を経由するルートに比べて倍の時間がかかりますから、実用的とはとても言えません。

あんな

7時間もかかるの!?

それでも、いろいろな鉄道に乗ってみたいという場合は面白いルートです。

小海線は、日本で一番標高の高い駅である野辺山を通ります。中央本線も、アルプスの山々がよく見えて飽きません。

くだり(東京→軽井沢)

乗り継ぎパターンは一日あたり7本あります。

所要時間 7時間 ± 30分
列車間隔 1時間40分 ± 20分
Yahoo!乗換案内で
東京→軽井沢(小海線経由)
の時刻を調べる

のぼり(軽井沢→東京)

乗り継ぎパターンは一日あたり8本あります。

所要時間 7時間 ± 20分
列車間隔 1時間25分 ± 45分
Yahoo!乗換案内で
軽井沢→東京(小海線経由)
の時刻を調べる
メモ
日程によっては、小海線にHIGH RAILハイレール1375という臨時の観光列車が走ることがあります。この列車は全車指定席の快速列車ですので、840円の指定席券を買えば青春18きっぷで利用することができます。
特急列車並みの快適な車両です。
参考 HIGH RAIL1375JR東日本旅客鉄道株式会社 長野支社

代替手段

東京~軽井沢間は在来線の他に、新幹線、高速バスが利用できます。

新幹線が速くて便利ですが、リーズナブルに移動するなら高速バスがおすすめです。

東京~軽井沢間の交通手段比較
  所要時間 運賃・料金
🚃青春18きっぷ
+ 連絡バス
約3時間30分 2,930
🚃JR在来線(定価)
+ 連絡バス
2,830円(一般)
2,360円(学割)
🚅新幹線はくたか号 約1時間 1位
(乗換なし)
6,020円(指定席)
5,490円(自由席)
4,960円(自由席・学割)
5,240円(モバトク)
🚅新幹線あさま号 1時間~1時間15分 2位
(乗換なし)
6,020円(指定席)
5,490円(自由席)
4,960円(自由席・学割)
5,240円(モバトク)
3,900円~
5,410円(トクだ値)
🚌高速バス 約3時間前後
(乗換なし)
1,500円~ 1位

新幹線

東京~軽井沢間 新幹線の運賃・料金
購入方法利用列車指定席利用自由席利用発売期間
定価はくたか/あさま6,0205,490制約なし
学割
※学割証必要
はくたか/あさま5,4904,960制約なし
モバトク
※モバイルSuica必要
はくたか/あさま5,2405,240制約なし
トクだ値10あさま5,410不可乗車前日まで
トクだ値15あさま5,110不可乗車前日まで
お先に
トクだ値30
あさま4,200不可乗車14日前まで
お先に
トクだ値35
あさま3,900不可 乗車14日前まで

上野発着の場合は210円安くなります。

メモ
トクだ値の数字は割引率のパーセンテージを表します。
割引率は列車によって異なります。

新幹線を使うと1時間前後で到着します。その分料金も高いので悩ましいところです。

インターネットで購入する「えきねっとトクだ値」を利用すると、10%~35%割引で利用することができます。このきっぷは、購入時期や変更払い戻しに制約がありますので注意が必要です。

トクだ値は、あさま号でしか利用できませんが、あさま号でもはくたか号でも所要時間に大差はありませんので、気にしなくて大丈夫です。

初めてでも簡単にわかる!えきねっとトクだ値の要点 初めてでも簡単にわかる!えきねっとトクだ値の要点

また、東京発着で利用するよりも、上野発着のほうが210円安くなります。いずれにしても乗車券は山手線内の特例が適用され、山手線内どの駅からも利用できます。

高速バス

所要時間3時間前後で、運賃は1,500円~2,500円程度です。

バスであれば期日に縛られることなく、安く旅行ができます。

あわせて読みたい

遠回りだけど実用できる!東京~長野間を18きっぷで 遠回りだけど実用できる!東京~長野間を18きっぷで マップで調べる!関東地方在住の人が18きっぷで元を取るには マップで調べる!関東地方在住の人が18きっぷで元を取るには

軽井沢は週末パスを使うこともできますが、単純往復では割高になります。

北陸新幹線はトクだ値と週末パスどっちがお得? 【値段比較】北陸新幹線はトクだ値と週末パスどっちがお得?