9月28日 ぱらのま 2巻 発売!

マップで調べる!関東地方在住の人が18きっぷで元を取るには

マップで調べる!関東地方在住の人が18きっぷで元を取るには

あんな

18きっぷで元を取るには、どのくらい乗ればいいのかしら

たかく

調べておいたから地図で見てみよう

青春18きっぷは1日あたり2,370円でJR線が乗り放題になるきっぷです。一般的に、格安で旅行ができる手段として紹介されることが多いので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。たしかに格安ではあるのですが、代わりに色々考えたり工夫したりする必要があります。

このきっぷを有意義に活用するために、どういった行き先で活用すれば良いのか考えてみましょう。

他地方の方は以下のまとめ記事をどうぞ。

マップで調べる!18きっぷで元を取るには【まとめ】 マップで調べる!18きっぷで元を取るには【まとめ】

はじめに

日帰りで使うとなると、一日分で行き帰りを済ませることになります。往復運賃が2,370円を越えるのは片道71キロからとなります。

下の地図で赤いピンを置いた駅が、日帰りで初めて元が取れる駅になっています。

目的地で1泊以上する場合は1日分を片道だけで使うことになります。そうすると日帰りの場合よりも遠くまで行かないと元が取れません。片道運賃が2,370円を超えるのは141キロからです。

下の地図で青いピンを置いた駅が、片道で初めて元が取れる駅になっています。

東京から

日帰りであれば結構かんたんに元が取れると思います。北関東方面や房総方面などは行く機会も多いでしょう。
片道の場合は関東地方の外に出ればとりあえず大丈夫です。


詳しくはこちらもご覧ください

元を取るには3時間乗れ!東京から青春18きっぷで行きやすい場所 【東京から】元を取るには3時間乗れ!青春18きっぷで行きやすい場所

横浜から

東京の場合とほぼ変わりません。
片道でも北関東方面で元が取りやすくなります。前橋と水戸はギリギリ元がとれますが、宇都宮はアウト。


高崎から

東京日帰りに使えます。
片道でも、日光、那須野方面や水戸などはOKです。


宇都宮から

東京日帰りに使えます。
片道でも、神奈川県の大部分で元はとれますが、横浜が目的地の場合は使えません。横浜が目的地の場合でも、何回か乗り降りすれば元が取れるでしょう。


水戸から

東京日帰りに使えます。日帰りの場合は、だいたい県外に出れば大丈夫です。
片道でも横浜で元が取れます。


まとめ

関東地方はJRの鉄道網が充実しているので、18きっぷの出番も多いでしょう。長距離の移動でもグリーン車に乗ってしまえば快適に移動できますね。ぜひご活用してみてはいかがでしょうか。