MENU
10月1日、消費税率の変更に伴い、運賃・料金の改定がありますのでご注意ください

新潟県内の新幹線自由席に安く乗れる「新幹線Wきっぷ」

あんな

上越新幹線に乗れる割引きっぷって何かないかな。
「えきねっとトクだ値」は事前に申し込まないといけないから、やっかいだよね

たかく

「新幹線Wダブルきっぷ」っていう
自由席に使える2枚セットの回数券があるよ

新幹線に乗るときはなるべく安く乗りたいですよね。新幹線は他の乗り物に比べて価格が固定されていて不満に思っている方も多いのではないでしょうか。

新幹線に割引価格で乗れる商品は、乗る列車を結構前に指定しなければいけないものが多いです。ところが、JR東日本の新幹線の一部区間には手軽に自由席に乗れる割引きっぷがあります。

「新幹線Wダブルきっぷ」の紹介です。

Wきっぷは2枚つづりの回数券

電車で旅行している人達のイラスト

新幹線Wダブルきっぷは2枚つづりの回数券です。

この手のきっぷは往復セットというものが多いですが、新幹線Wダブルきっぷは回数券なので、かなり柔軟な使い方ができます。例えば一人で往復利用することもできますし、2人で片道を利用することもできます。

有効期間は発売日から1ヶ月間です。

利用できる列車に制限がありません。自由席を連結している列車であれば、乗る列車を自由に選べます。

メリット

事前に乗る列車を指定しなくてもいいのが最大のメリットです。これの副作用として、乗り遅れたとしても全く問題なく使うことができます。

また、利用できる日に制限はありません。365日使えます。

デメリット

使える区間が限定されています。新潟県内の比較的短区間のものが中心です。群馬県内や首都圏発着のものはありません。

また、自由席以外の座席にアップグレードすることはできません。

1枚目を使ってしまった後で2枚目を払い戻すことはできません。

現地の駅でしか購入することができません。

買い方

現地の駅の指定席券売機やみどりの窓口で発売しています。利用する列車や、利用日を決めておく必要はありません。

現金、クレジットカード、びゅう商品券などが使えます。

新潟発着

区間 Wきっぷのねだん
(1枚あたり)
通常のきっぷ
のねだん
割引率 (参考)
同区間のバス運賃
越後湯沢 新潟 7,840
(3,920円)
4,950円 20.8% なし
浦佐 新潟 6,720
(3,360円)
4,620円 27.3% なし
長岡 新潟 4,280
(2,140円)
3,040円 29.6% (現金)1,000円
(IC)850円
燕三条 新潟 2,560
(1,280円)
1,650円 22.4% (現金)740円
(IC)630円

新潟発着分は、越後湯沢~新潟間の各駅に設定があります。

全体的に20%を超える、高い割引率となっています。とくに、長岡~新潟間は3割引き近くなっています。

自由席で単純に往復するだけなら、「えちごワンデーパス」や「えちごツーデーパス」よりもWきっぷのほうが安いです。

長岡発着

区間 Wきっぷのねだん
(1枚あたり)
通常のきっぷ
のねだん
割引率 (参考)
バス運賃
長岡 燕三条 2,080
(1,040円)
1,300円 20.0% (現金)700円
(IC)600円
長岡 新潟(再掲) 4,280
(2,140円)
3,040円 29.6% (現金)1,000円
(IC)850円

長岡発着分は、長岡~新潟間の各駅に設定があります。越後湯沢など、長岡より上り方面はありません。

長岡~新潟間は3割引きにもせまる高い割引率です。

自由席で単純に往復するだけなら、「えちごワンデーパス」や「えちごツーデーパス」よりもWきっぷのほうが安いです。

長岡~新潟間新幹線はWきっぷが最安値

長岡~新潟間では、いろいろな割引きっぷが利用できますが、新幹線Wきっぷが一番オトクです。

長岡~新潟間 新幹線自由席を利用する場合
片道1回あたり
のねだん
計算式商品内容有効期間
新幹線Wきっぷ2,1404,280÷22枚セット1ヶ月
えちご料金回数券
+普通乗車券
2,1704,000÷4
+1,170
4枚セット
(乗車券別途必要)
1ヶ月
えちごワンデーパス
+自由席特急券
2,6551,570÷2
+1,870
1日乗り放題
(特急券別途必要)
当日限り
モバイルSuica特急券
(モバトク)
3,0303,030モバイルSuica
対応機器が必要
当日限り
普通乗車券
+自由席特急券
3,0401,170
+1,870
(定価)当日限り
iPhoneを買った人必見!モバイルSuica特急券の要点 iPhoneを買った人必見!モバイルSuica特急券の要点
在来線特急ならもう少し安い

ちなみに、長岡~新潟間では新幹線のほかに在来線特急のしらゆき号も利用できます。新幹線では22分のところ、在来線特急では50分かかります。

長岡~新潟間 特急しらゆき号自由席を利用する場合
片道1回あたり
のねだん
計算式商品内容有効期間
えちごワンデーパス
+自由席特急券
(在来線)
1,9851,570÷2
+1,200
1日乗り放題
(特急券別途必要)
当日限り
しらゆきWきっぷ※
(新潟~柏崎間用)
2,0404,080÷22枚セット1ヶ月
えちご料金回数券
+普通乗車券
2,1704,000÷4
+1,170
4枚セット
(乗車券別途必要)
1ヶ月
普通乗車券
+自由席特急券
(在来線)
2,3701,170
+1,200
(定価)当日限り

※しらゆきWきっぷは新潟~長岡間の設定がありません。新潟~柏崎間のきっぷで新潟~長岡間を利用することができますが、長岡駅では発売していませんので、注意してください。

首都圏方面は「えきねっとトクだ値」

首都圏方面を利用する場合は、新幹線Wダブルきっぷの設定はありません。

首都圏と新潟県内の間を安く乗る方法として「えきねっとトクだ値」というものがあります。

「えきねっとトクだ値」はインターネット専用の割引きっぷです。購入にはクレジットカードが必要です。また、13日以上前に購入する場合は割引率が高くなります。乗車する列車は必ず購入時に指定しなければならない上、乗り遅れたときの救済措置がないので自由度は低いです。

初めてでも簡単にわかる!えきねっとトクだ値の要点 初めてでも簡単にわかる!えきねっとトクだ値の要点

まとめ

新幹線Wダブルきっぷは新幹線の割引きっぷの中でも、格段に使いやすいです。今度の旅行にぜひ有効活用してみてください。

参考 新幹線Wきっぷおトクなきっぷ:JR東日本

あんな

新潟~長岡間がメインなのね。
上越線の本数の少ない区間のワープには向いてないね

あわせて読みたい

この記事では上越新幹線について紹介しましたが、新幹線Wダブルきっぷは東北新幹線、秋田新幹線などにもあります。

東北新幹線の自由席に安く乗れる「新幹線Wきっぷ」 東北新幹線の自由席に安く乗れる「新幹線Wきっぷ」 秋田新幹線に立席で安く乗れる「新幹線Wきっぷ」 秋田新幹線に立席で安く乗れる「新幹線Wきっぷ」