MENU
9月28日 ぱらのま 2巻 発売!

【盛岡~八戸~青森】青春18きっぷで青い森鉄道に乗れるの?

青春18きっぷで青い森鉄道に乗れるの?

あんな

東北本線で青森の方に行こうとすると
「青い森鉄道」っていうのに乗らないといけないっぽいんだけど
青春18きっぷは使えるのかな?

たかく

一部使える区間はあるんだけど、ちょっと工夫しないと通り抜け出来ないよ

青春18きっぷの使い方には色々なルールがあってややこしいので、初心者の方にはよくわからないことも多々あるのではないでしょうか。

今回は、青森県にある「青い森鉄道」に青春18きっぷで乗れるのか、という問題を解説したいと思います。

実際に乗るときはどうしたらいいのか、また、回避する方法について解説します。

八戸~青森間は、条件付きで使用可能

  • 目時~八戸間は使えません。
  • 八戸~青森間は通過利用に限り、使用できます。

八戸~青森間についても、JR線ではないので、基本的には青春18きっぷは使えません。

ところが、野辺地駅から出ているJR大湊線や八戸駅から出ているJR八戸線は、ほかのJR線と接続していないため、青春18きっぷで乗りに行くことができなくなってしまいます。そこで、救済措置として、青森・野辺地・八戸の各駅どうしを乗車する場合に限って青春18きっぷの利用が認められています。

そのため、青森、野辺地、八戸以外の駅で途中下車することはできません。

これら以外の駅で下車した場合は、青い森鉄道乗車区間の運賃が必要です。

ちなみに、この特例を利用する際には、必ず大湊線や八戸線に乗らなけらばならないというわけではありません。

青い森鉄道-路線図

青い森鉄道に乗るときは

では青春18きっぷを使った青い森鉄道の乗り方を、具体事例で解説したいと思います。

なお、IC乗車券の類や、クレジットカードなどを使用することはできません。現金払いのみです。

青森から野辺地、八戸に行く場合

青春18きっぷでそのまま乗れます。ただし野辺地以外の駅で途中下車はできません。

青森から快速しもきた号に乗って大湊線内まで乗車する場合

青春18きっぷでそのまま乗れます。ただし青森~野辺地間の途中駅で途中下車はできません。

青森から盛岡に行く場合

八戸~目時間の青い森鉄道の運賃と、目時~盛岡間のIGRいわて銀河鉄道の運賃が必要です。あわせて3,040円かかります。

八戸駅の券売機で盛岡までのきっぷを買ってください。大概の場合は八戸駅で乗り換えの時間がたっぷりあるはずです。

八戸で一旦改札口を出なかった場合は、盛岡駅で青森からの運賃(5,480円)を請求される可能性があります。(青森~目時間の乗車は、「青森、野辺地、八戸以外の駅で乗降した場合」に該当するため、乗車全区間の運賃が必要)

野辺地、八戸から青森に行く場合

青春18きっぷでそのまま乗れます。ただし野辺地以外の駅で途中下車はできません。

大湊線内から快速しもきた号に乗って青森、または八戸まで乗車する場合

青春18きっぷでそのまま乗れます。ただし野辺地~青森間や野辺地~八戸間の途中駅で途中下車はできません。

八戸から野辺地、青森に行く場合

青春18きっぷでそのまま乗れます。

八戸から盛岡に行く場合

八戸~目時間の青い森鉄道の運賃と、目時~盛岡間のIGRいわて銀河鉄道の運賃が必要です。あわせて3,040円かかります。

八戸駅の券売機で盛岡までのきっぷを買ってください。時間に余裕のない場合は、盛岡駅の精算所で精算もできます。

八戸線からの乗り継ぎの場合は、改札口を一旦出る必要がない駅構造になっていますが、なるべくきっぷを買うようにしてください。

青森、野辺地、八戸以外の駅で降りたい場合

青い森鉄道乗車区間の運賃が必要です。ワンマン運転のため、降車時に運転士に運賃を支払ってください。ただし、駅改札口で運賃を回収する駅もあります。

事前に乗車区間が確定している場合は、きっぷを買ってから乗ってください。

盛岡から八戸に行く場合

盛岡~目時間はIGRいわて銀河鉄道、目時~八戸間は青い森鉄道となっています。この区間では直通のきっぷを発売していて、合わせて3,040円かかります。盛岡駅の改札はJRとIGRで別れていますので、IGRの券売機で八戸までの切符を買ってください。

盛岡から青森に行く場合

盛岡~目時間のIGRいわて銀河鉄道の運賃と、目時~八戸間の青い森鉄道の運賃が必要です。この区間では直通のきっぷを発売していて、合わせて3,040円かかります。

盛岡駅の券売機で八戸までのきっぷを買ってください。八戸~青森間は青春18きっぷが使えます。

青い森鉄道に乗らない方法

ところで、青春18きっぷで旅行していて、別運賃を払うのはなるべく避けたいものです。別運賃が必要になるのであれば、青い森鉄道に乗らないという選択肢も考えられます。

盛岡から青森・北海道方面

盛岡~青森間を素直に移動するならば、新幹線並行区間のIGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道経由が考えられますが、この区間に乗ろうとすると別運賃が3,040円もかかるため、一日2,370円の18きっぷ利用者からしたらかなり痛い出費となります。

そこで、JR在来線で迂回するルートを考えると、花輪線で大館に出て、奥羽本線で青森へ至るというルートが第一に上がります。先ほど紹介したように、盛岡から花輪線に乗るときは650円が別途かかりますが、このくらいの出費であればさほど痛くはないでしょう。

盛岡~青森間はIGR・青い森鉄道経由だと203.9km、花輪線・奥羽本線経由だと209.8kmと、距離はほぼ同じです。

ただし、花輪線も奥羽本線も本数がかなり少ない上に、大館駅での待ち合わせ時間が数時間に及ぶこともあるので、うまいこと使えない場合もあります。

IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道経由では盛岡~青森間は最速4時間半ですが、花輪線・奥羽本線経由では最速5時間半で移動できます。

盛岡~青森間-18きっぷ

東京・福島方面から青森・北海道方面

福島よりも南側から青森を目指すのであれば、奥羽本線を使うという選択肢があります。このルートであれば全区間JR線なので、青春18きっぷだけで旅行することができます。

ただし、奥羽本線は全体的に列車の本数が少なく、乗り継ぎの悪い部分も多々あるので、東北本線ほどスムーズには行きません。

東北本線・盛岡・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道経由では東京~青森は16時間ですが、奥羽本線・山形・秋田経由では18時間かかります。いずれにせよ丸1日かかります。

新幹線(おすすめ)

青い森鉄道やIGRいわて銀河鉄道の運賃は、全国的に見ても高い部類に入ります。そのため、新幹線に乗ってしまっても、実は大差がないのです。

盛岡~八戸間の運賃は、IGR・青い森経由では3,040円に対して、この区間の新幹線は運賃特急料金あわせて3,500円です。その差はわずか460円しかないのです。

さらに、「新幹線Wダブルきっぷ」という2枚つづりの回数券を使えば、1回3,090円で盛岡~八戸間の新幹線に乗れます。一人で往復する場合や、2人で片道移動する場合は大変便利です。

IGR・青い森経由では2時間もかかるところを、新幹線では30分で着いてしまいます。これでは18きっぷ愛好家も新幹線に乗ってしまいます。

盛岡~八戸は新幹線でサクッと移動し、八戸~青森間は18きっぷの特例を使って青い森鉄道に乗りましょう。

あんな

在来線と新幹線の差が50円しかない!

あわせて読みたい

東北新幹線の自由席に安く乗れる「新幹線Wきっぷ」 東北新幹線の自由席に安く乗れる「新幹線Wきっぷ」 はやぶさ号こまち号は全車指定席なのに指定席を取らないで乗れる? はやぶさ号こまち号は全車指定席なのに指定席を取らないで乗れる? 【東北新幹線】青春18きっぷでワープするときはこの区間に乗れ 【東北新幹線】青春18きっぷでワープするときはこの区間に乗れ

北海道&東日本パスを使えば青い森鉄道にも乗れる

ところで、青春18きっぷと似たような乗車券で、「北海道&東日本パス」というものがあります。これは地域限定の乗り放題きっぷではありますが、関東地方から北海道までの広い範囲の普通列車が乗り放題になります。

北海道&東日本パスを使えば追加運賃なしで青い森鉄道とIGRいわて銀河鉄道にも乗ることができます。

10,850円で連続7日間乗り放題になるので、使い方によっては18きっぷよりも安くなります。

ただし、18きっぷと違って、使用期間が7日間連続していないといけなかったり、複数人で分けて使用することができなかったりと、使い勝手が結構違いますので、各自の旅行スタイルと照らし合わせてよく検討する必要があります。

連続7日間という日数は長くて使いづらいという方も多いと思いますが、日数を結構捨ててしまっても大丈夫です。IGRや青い森鉄道に乗れば簡単に元が取れます。盛岡~八戸間を往復利用し、3日間以上使用すれば、18きっぷ利用よりもお得になります。4日間も捨ててしまって元が取れるってすごいですよね。

北海道&東日本パスって何?18きっぷとはどう違うの? 北海道&東日本パスって何?18きっぷとはどう違うの? 青春18きっぷでIGRいわて銀河鉄道に乗れるの? 【盛岡~八戸】青春18きっぷでIGRいわて銀河鉄道に乗れるの?